「時間がない」が普通の状態の女の人はモテるはずがない…。

お互いの顔を合わせる回数が増えるだけで、コミックにハマる女はあなたをさらに付き合ってもいい電子書籍系の相手だと考えるようになる。実は実証済みの基本的な心理学現象なのだ。短い朝のあいさつだけでも、どんなことをしても1日1回は、顔をあわせて!
唇を重ねる時間が短いとしたら他に好きな人がいることの証拠です。どんな言い訳をしても、体は本当のことしか言えません。不自然さを感じたら何となく確かめてみたほうがいい。
男に言えるのは惚れている人が自分に対してしゃべりかけているときにしゃべっている電子書籍系の相手の目を見ることが多い。彼に対して話しかけている時に電子書籍系の相手の目を力強く見つめてくれるか見つめてくれないかが、お付き合いしたいかどうかの境です。
「あなたのことを愛しています」のバックにはしばしば「愛していただきたい」が忍ばされている。本当の愛は差し出しあうように見せかけながら、実情は競って奪い合うものだ。
ボディータッチのテクニック!「知ってる?手のひらのマッサージとっても気持ちいいんだよ!」なんて言って好きな人の手を取って、スマートにマッサージしてあげて。突然スマホ恋愛がスタートしちゃうと思います。

「時間がない」が普通の状態の女の人はモテるはずがない。「いつ声をかけても電子コミックを読むデートのひまがなくてと言われそう」とマンガ大好き男があきらめて電子コミックを読むデートの誘いを囁くのを迷っている確率が高い。
コミックにハマる女からのままの質問を聞き返してあげないマンガ大好き男はコミックにハマる女にモテはしない。女の人は質問した電子書籍系の相手に同じことを聞いてもらいたくてその質問をするのである。あなたが聞いたことは同様に質問してほしいという性質を持つ生き物。
電子コミックを読むデートの日、別れる際はあえて引っ張ることをしないで、もっともアツい時間帯で一方的なくらいおしまいだと、今度のチャンスももう一度楽しく会いたいと思わせる場合が多い。
ただ女が、男のとりとめのないはなしに誠実な気持ちで話を聞きなさい。「すごいすごい、素敵、それでそれで?」と瞳をきらきらと輝かしてドリームを傾聴すること。たったそれだけでいい。
射止めたい電子書籍系の相手が不安になる病気などでしんどいときこそ気持ちを込めて言ったフレーズや心配りの気持ちを知らせると、一気に電子書籍系の相手を射止めることができることから、いいタイミングである。

雰囲気を作らないとコミックにハマる女に告白できない、そんな男は“マンガ大好き男性”が不足していると考えられる。反対に“マンガ大好き男性”があれば雰囲気のないところでも押し通せるし、コミックにハマる女の方からマンガ大好き男に寄ってくる。
マンガ大好き男諸君、女の人を守りたいとそんな気持ちがあるのなら、当たり前のように彼女の右側にいること!人間は知らず知らず守らなくてはと思う人がいるとき、まず左手が一番に動くという性質を活かすためだ。
ハートを射止めたいマンガ大好き男の気持ちを手に入れたいと切望するなら、いいなと思っている彼の60cm以内に入りなさい。「あなたの体の香り」「あなたの触りたくなるようなうなじ」極めつけは「ボディータッチ」この三つのテクニックで攻めると効果あり。
テーブル席に座る場合、まっすぐ前に座ったら、その電子書籍系の相手の前のテーブルの上には普通の物(携帯や手帳それと水など)も置いてはダメ。さえぎる物があることでせっかくなのに圧迫感をもたらすことになるのだ。
親どうしも認めている結婚を前提とした交際のような本当に長い期間コミックにハマる女にモテたいのなら、とてもやさしくて、賢くて、忠実、そして信頼のおけるみんなに対する思いやりもある頼りがいのある父親のような人になろうよ。そうできれば結婚出来るでしょう。